2021年8月3日火曜日

ヤマト便の代替は、西濃運輸の積合せ

2021年10月3日引き受け分を最後にヤマト便が廃止されます。


ということで代替サービスを探すため、

ほぼ毎日仕入れた商品を届けていただいている西濃運輸さんに、

「ヤマト便の代わりを考えている」と見積もりをお願いしました。


送り先住所の一覧が欲しいということで、

FBAのフルフィルメントセンターの一覧を探し出してお渡しし、

その翌日に見積もりを提出いただきました。


見積もりの内容は、個人宛ての「宅配便」に、

企業宛て宅配便の「ミニ便・一般運賃」というものと、

FBAの代替になりえる「積合わせ」の3種類で、

基本運賃とは別に燃料サーチャージが追加される形式でした。


個人宛ての「宅配便」は、ヤマト宅急便より高いな。と思いつつ、

じっくり比べてみると北海道だけ明らかに安く、

北東北と南東北が若干安かったので、

北海道でお届け日のことを考えなければ使えるなと思いました。


企業宛て「ミニ便・一般運賃」は全般的に非常に安く、

法人からの注文でお届け日の指定が無ければ使えるなということと、

引火性液体で1箱だけFBAの納品先が変わった時に使えそうです。


ヤマト便の代替を想定している「積合わせ」は、

160kgで見ると、大阪堺市は若干安く、茨木市は同等で、

小田原市は若干高いといったように高安混在で、

全般的に見ればほぼ同等じゃないかと思える内容でした。

(距離が遠ければ高く、近場や安い印象です。)


必須条件として、送り状を印刷することと、

口座振替をすることを求められました。


配達時にダンボール箱が黒く汚れてるのが気になりますが、

金銭的にはヤマト便の代替は可能だと考えますので、

口座振替依頼書に記入捺印して10月を迎えることにします。


ヤマト便が無くなったらどうしよう!?という方は、

西濃運輸に問い合わせてみてはいかがでしょうか。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の記事